MAX体重からベスト体重へのダイエット経験

MAXの体重から自己ベスト体重へ戻しました

私は、極端な体重増加はしないのですが、少食のわりに太りやすい体質の為、2〜3Kgの増減はすぐ変わり、
幼少の頃から健康的なぽっちゃり体型でどちらかというと下半身太りで悩むタイプでした。
学生の頃も小さい弁当箱を使用したり、ちょっとした工夫をして太りたくないという意識があったように思います。
大人になってからは過食や偏食による増減が多くなり、特に海外留学をした1年間でMAX6〜7kg増えてしまった時は、
ダイエットを真剣に考えました。

 

一番の原因は食生活ということが理解できていたので、海外生活の食生活を日本生活の食生活に変えるという
シンプルな方法で、減量することができました。
まず、パン⇒ご飯、肉⇒魚、アイスクリーム⇒ヨーグルト、炭酸飲料⇒100%ジュースへ変更し、洋食から和食を中心とした
食事内容にし、スナック菓子、ファーストフード、食後のデザートの食べる回数を減らすなど、一般的にカロリーが少ないと
思う食事に変えてから約6ヶ月後、仕事で歩く程度の運動だけで自然に5〜6kg減らすことができていました。

 

海外生活では、一回の食事の量が多く、3回の食事にプラス間食したりしていたことと、飲物の量も500ml×数本と、初めは多いと
感じていた内容が滞在している間に普通になっていたので、帰国当時は日本食が物足りないと感じるほどでした。
しかし、ご飯と味噌汁が美味しくて、それまで3食パンでもOKと思うほど好きだったのが、1回はご飯を食べたいと思うようになったことで、
食事の量も制限できたのかもしれません。

 

日本生活に戻すのは、比較的簡単だったことで運動量を増やす必要性もなく、ダイエット意識を考えて食事の量を減らす必要性もなく、
これまで試したダイエットの中では、楽に痩せることができた体験の1つです。

 

その後の2〜3kg増減する体重を戻す方が、運動や食事量の調節をしたりしてきたので少々ストレスになったり、
リバンドし易く普段から気をつける努力が必要になり、また年齢を重ねることに健康的に痩せることを心がけるようになり、
更に痩せにくくなってきていることを現在も常に意識をしながら過ごしています。